ミッツ・マングローブ「1992年の西島秀俊に恋をする」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「1992年の西島秀俊に恋をする」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

写真はイメージです

写真はイメージです

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「西島秀俊」さんを取り上げる。

*  *  *
 最近、NHKと日テレとTBSとフジのオンデマンドサービスに加入しました。2、3日休みが続いたりすると、家庭用脱毛レーザーを照射しながら新旧ドラマをぶっ通しで観続けています。食事はすべてUberの出前で済ませ、トイレットペーパーなどの日用品もAmazonに届けてもらいながら、家から一歩も出ることなく、ひたすら『渡鬼』や『コード・ブルー』を全シリーズ制覇する日々。時間や曜日感覚は見事に失われ、しかもパソコン画面をテレビにキャストして観ているため、気付けば世の中の動静をまったく知らないまま48時間ぐらい過ごしてしまうことも少なくありません。

 先ほども「せめてニュースぐらいは」と思い立ち、ちょうど有働さんのzeroの時間だったので付けたところ、『小池徹平結婚』という2日ぶりに得る情報としては、なかなか処理に困るニュースが飛び込んできました。これが『WaTのふたりイギリスで同性婚!』とかであれば話は別ですが、今の私を2018年に留めておくには効力ゼロです。すぐに過去へ戻ることにしました。

 ちなみにここ数日観ているのは、1992年にTBSで放送された『木曜日の食卓』というドラマ。私のバイブルでもある名作『金曜日の妻たちへ』シリーズでお馴染みの木下プロ製作、篠ひろ子&古谷一行の“金妻コンビ”が7年ぶりに夫婦役を演じ、40代後半に差し掛かった団塊世代が直面する“子供の結婚”や“2世帯住宅”といったジェネレーション・シフトを描いた作品です。恋愛モノより断然ホームドラマ派だった私(当時17歳)は、「金妻チームの作るホームドラマなんて!」と夢中になって観ていました。今や中高年のスタンダードナンバーになった感のある竹内まりやさんの『家に帰ろう』も、最初はこのドラマの主題歌として書かれたものです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい