トランプ大統領とヒットラーを比較 マイケル・ムーアの新作

2018/11/07 07:00

 大学を中退し、22歳でジャーナリズムの道に入ったマイケル・ムーア。常に自国アメリカの抱える問題に文字どおり、体当たりで取り組むムーアの最新作「華氏119」は、トランプ大統領当選の悪夢とその余波をテーマにしたドキュメンタリーだ。ムーア節を聞かせてもらった。

あわせて読みたい

  • カーディ・B、「政治家になりたい」と発言

    カーディ・B、「政治家になりたい」と発言

    Billboard JAPAN

    1/14

    最悪の結末は米国内戦勃発…トランプ時代に文学が刻む危機感

    最悪の結末は米国内戦勃発…トランプ時代に文学が刻む危機感

    AERA

    1/25

  • バイデン大統領誕生で日米関係は「予測不能」から「予測可能」に アメリカ一国頼みは危険

    バイデン大統領誕生で日米関係は「予測不能」から「予測可能」に アメリカ一国頼みは危険

    AERA

    1/4

    『ラ・ラ・ランド』がトランプ支持派&反対派双方から称賛された理由

    『ラ・ラ・ランド』がトランプ支持派&反対派双方から称賛された理由

    BOOKSTAND

    4/28

  • スティーヴィー・ワンダー、 Black Lives Matter動画でトランプ米大統領とレイシズムを批判

    スティーヴィー・ワンダー、 Black Lives Matter動画でトランプ米大統領とレイシズムを批判

    Billboard JAPAN

    6/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す