27歳の監督が描く“踊らないインド映画” LiLiCo大絶賛のワケ

2018/10/26 16:00

 ヴェネチア国際映画祭で絶賛されたインド映画『ガンジスに還る』が27日に公開された。誰にでも訪れる「死」というテーマを人情味あふれる作品にした監督・脚本は、弱冠27歳のシュバシシュ・ブティアニ。ヴェネチア国際映画祭では、上映後に10分間のスタンディングオベーションが鳴り響いたほど絶賛された。

あわせて読みたい

  • 息子の死を目の当たりにした母親はどうなる? 「鑑賞には覚悟を」と映画評論家

    息子の死を目の当たりにした母親はどうなる? 「鑑賞には覚悟を」と映画評論家

    週刊朝日

    11/11

    人に頼れない3児の母が出会ったのは若き有能ベビーシッター! 評論家も大絶賛のダークコメディー公開!

    人に頼れない3児の母が出会ったのは若き有能ベビーシッター! 評論家も大絶賛のダークコメディー公開!

    週刊朝日

    8/25

  • 世界の映画祭の観客賞を総なめ 映画「ギルティ」の魅力とは

    世界の映画祭の観客賞を総なめ 映画「ギルティ」の魅力とは

    週刊朝日

    2/16

    竹内結子、蒼井優らの映画「長いお別れ」 LiLiCoが家族愛を絶賛!

    竹内結子、蒼井優らの映画「長いお別れ」 LiLiCoが家族愛を絶賛!

    週刊朝日

    5/19

  • LiLiCoも絶賛 「ヴィクトリア女王」が映画通に高評価な理由

    LiLiCoも絶賛 「ヴィクトリア女王」が映画通に高評価な理由

    週刊朝日

    1/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す