“意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

2018/10/14 11:30

 女優の吉岡里帆さんが芝居をやりたいと思ったのは、高校3年生のときに、地元京都で、同志社大学の劇団が上演していた「銀ちゃんが逝く」(つかこうへい作)を観たことがきっかけだった。それまで、一人書道に取り組んでいた吉岡さんは、舞台の内容はもとより、“たくさんの人が心を一つにして作品を作り上げる”ことに感動した。

あわせて読みたい

  • 吉岡里帆、主演映画の大不振で戦犯扱い…業界から“擁護論”も

    吉岡里帆、主演映画の大不振で戦犯扱い…業界から“擁護論”も

    dot.

    11/11

    ガッキー結婚で「吉岡里帆」が男性人気トップに 男ウケ無双状態に突入したワケ

    ガッキー結婚で「吉岡里帆」が男性人気トップに 男ウケ無双状態に突入したワケ

    dot.

    7/6

  • 吉岡里帆「泣く子はいねぇが」で挑んだ“生々しさ” やつれた顔も魅力に

    吉岡里帆「泣く子はいねぇが」で挑んだ“生々しさ” やつれた顔も魅力に

    週刊朝日

    11/21

    第二の新垣結衣の次は第二の吉岡里帆 「第二の〇〇」女優続々登場の理由

    第二の新垣結衣の次は第二の吉岡里帆 「第二の〇〇」女優続々登場の理由

    dot.

    8/21

  • “あざとい女”吉岡里帆 アンチを黙らせた演技力と美貌

    “あざとい女”吉岡里帆 アンチを黙らせた演技力と美貌

    dot.

    2/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す