安藤サクラがヒロインの朝ドラ 視聴率好発進でNHKも大喜び!? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安藤サクラがヒロインの朝ドラ 視聴率好発進でNHKも大喜び!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
安藤サクラさん (c)朝日新聞社

安藤サクラさん (c)朝日新聞社

 NHKの連続テレビ小説が、「半分、青い。」から「まんぷく」にバトンタッチした。世界初の即席麺「チキンラーメン」を開発した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)と、妻の仁子(まさこ)をモデルにした作品だ。10月1日の初回視聴率は23.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、17年ぶりに23%を超える好発進となった。「半分、青い。」が賛否両論あっただけに、NHKとしても大喜びだろう。

 ヒロインの今井福子を演じるのは安藤サクラ。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを獲得した「万引き家族」にも出演し、話題になったばかりの演技派女優だ。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)はこう評価する。

「安藤さんは本当にうまい女優さん。そのうまさが一番際立つのは、普通じゃない人を演じるとき。何を考えているのかわからない、何をやらかすのかわからない人をやらせたら、それこそ世界レベルです」

 安藤の演技には定評があるが、うますぎることへの懸念もあるという。

「今回演じるのは夫を支える、ある意味“普通の”女性。元気で明るい朝ドラヒロインを、二重、三重に役作りし、ハイテンションで演じることが過剰演技ぎみになっています。朝からおなかいっぱいな感じは受けますね。『誰かを支えた普通の女性』は、安藤さんが演じる対象として正解なのか。これからわかることだと思います」(碓井教授)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい