バーバリーが廃棄と毛皮販売中止、ハイブランド動かす価値観の変化

2018/09/17 11:30

 英国のバーバリーが9月、売れ残り商品の廃棄処分をやめると決めた。約41億円分の廃棄が7月に発覚後、2カ月足らず。業界での長年の慣行だが、短期間で見直しを決断した。ブランド価値を守るはずだった行動が、逆に価値を損ねる。そんな新たな変化に直面する企業の姿が浮かぶ。

あわせて読みたい

  • 「殺処分ゼロ」はまやかし、日本でペットの「闇処分」が横行する理由

    「殺処分ゼロ」はまやかし、日本でペットの「闇処分」が横行する理由

    ダイヤモンド・オンライン

    2/10

    廃棄予定の一級品フルーツを急速冷凍で販売 「食品ロス」に挑むベンチャーの旗手たち

    廃棄予定の一級品フルーツを急速冷凍で販売 「食品ロス」に挑むベンチャーの旗手たち

    AERA

    3/27

  • ヴィーガンファッションのストーリーに共感する若者たち レザーもダウンも代替品で

    ヴィーガンファッションのストーリーに共感する若者たち レザーもダウンも代替品で

    AERA

    11/30

    生乳5000トン廃棄問題、「みんなで飲む」より根本的な解決法とは

    生乳5000トン廃棄問題、「みんなで飲む」より根本的な解決法とは

    ダイヤモンド・オンライン

    12/27

  • 安売り・廃棄なしのアパレル「ミナ ペルホネン」、ブランド哲学のルーツは魚市場のバイト

    安売り・廃棄なしのアパレル「ミナ ペルホネン」、ブランド哲学のルーツは魚市場のバイト

    週刊朝日

    8/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す