芥川賞作家が黒衣として歌舞伎界の裏側を見た 吉田修一の「国宝」

読書

2018/09/16 07:00

 3年ほど前のこと。芥川賞作家・吉田修一さんは歌舞伎に心ひかれ、中村鴈治郎さんと出会った。話は弾み、黒衣として舞台の裏から袖から、芸道に生きる役者たちを見つめることに。そして織りなされた大河小説『国宝』(朝日新聞出版)。無二の作品を、いま、ふたりが語り合う。

あわせて読みたい

  • 黒衣になった芥川賞作家が見た歌舞伎の裏側 印象深かった梨園の妻の存在感とは?

    黒衣になった芥川賞作家が見た歌舞伎の裏側 印象深かった梨園の妻の存在感とは?

    dot.

    9/7

    尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

    尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

    AERA

    12/20

  • 尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で

    尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で

    週刊朝日

    12/22

    尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    AERA

    12/20

  • 初春の季語「初芝居(はつしばい)」~今年は歌舞伎をもっと楽しみませんか?

    初春の季語「初芝居(はつしばい)」~今年は歌舞伎をもっと楽しみませんか?

    tenki.jp

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す