広瀬すずCM動画製作だけで4千万円! 五輪ボランティア集めは「国策」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広瀬すずCM動画製作だけで4千万円! 五輪ボランティア集めは「国策」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日#東京五輪

広瀬すずさんが起用されたボランティア募集のポスター(東京都のホームページから)

広瀬すずさんが起用されたボランティア募集のポスター(東京都のホームページから)

「みなさん、青春のど真ん中にオリンピック・パラリンピックがやってきます。さあ、世界をもてなそう。ボランティア募集します」

 ネットで公開されているCM動画で、こう呼びかけるのは女優の広瀬すず(20)だ。東京五輪まで2年を切ったが課題は山積み。中でも人手不足は深刻で、国や東京都はボランティアに頼る。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(会長、森喜朗元首相)は8万人、東京都は3万人の計約11万人が必要だとし、9月中旬から12月上旬まで募集する。人材集めの広告塔として期待されたのが広瀬だった。

 都はCM動画の製作だけで税金約4千万円を投入。9月下旬からはテレビCMも予定しているが、その費用は未定だという。広瀬は動画のほかにもポスターやパンフレットに起用されており、それには別に約400万円かかった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい