体の鍛えすぎもよくない! 精子の力が弱まっている…

1970年生まれの団ジュニたちへ

ヘルス

2018/08/09 16:00

 番組では、精子に良くないことをチェックするコーナーがあった。精子に良くないことをチェックしていく項目。あまり寝なかったり、ストレスがたまったり、多めの飲酒だったり、僕はほとんどのことが引っかかった。ちなみに収録のときに岡田先生に、「すべての項目の中で一番良くないのはどれですか?」と僕が聞いたら、先生は「喫煙」と言った。僕は喫煙していないが、喫煙という行為が精子の状態を悪くする。これはもっとアナウンスされていいことじゃないか。あと意外だったのが体の鍛えすぎ。体を酸化させることは良くないのだとか。

 番組に出演した一般の男性2人。精子の状態が良くないと診断されて、生活を変えてみたところ、かなりの質の改善が見られた。精子は74日かけて新しく作り直されるらしい。ということは、早めに自分の精子の状態を知れば早く改善することもできる。NHKさん、一度だけでなく、ぜひもう一度、精子の番組、作ってください。

週刊朝日  2018年8月17-24日合併号

鈴木おさむ

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中。毎週金曜更新のバブル期入社の50代の部長の悲哀を描く16コマ漫画「ティラノ部長」と毎週水曜更新のラブホラー漫画「お化けと風鈴」の原作を担当し、自身のインスタグラムで公開中。YOASOBI「ハルカ」の原作「月王子」を書籍化したイラスト小説「ハルカと月の王子様」が好評発売中。作演出を手掛ける舞台「もしも命が描けたら」が9/3〜5兵庫芸術文化センター阪急中ホール、9/10〜12穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホールにて上演。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す