松井秀喜は大河ドラマ・甲子園に欠かせない千両役者だった

2018/08/05 10:00

 100回目を迎える夏の甲子園が8月5日、開幕した。これまでも球史に残る名場面やヒーローが誕生してきたが、強打者ながらバットを1回も振らずに伝説となった選手がいる。そう、星稜の松井秀喜だ。開会式の始球式を務めた松井、そして記念すべき大会の開幕ゲームに登場する星稜を振り返る。

あわせて読みたい

  • 甲子園始球式に登場の松井秀喜「僕がピッチャーになれなかった原因わかった」 一問一答全文公開

    甲子園始球式に登場の松井秀喜「僕がピッチャーになれなかった原因わかった」 一問一答全文公開

    週刊朝日

    8/5

    松井秀喜が語る、甲子園「5連続敬遠」への想いとは・・・?!

    松井秀喜が語る、甲子園「5連続敬遠」への想いとは・・・?!

    BOOKSTAND

    8/21

  • 敗者として再び甲子園に伝説を刻んだ星稜 選手らの涙に込められた思い

    敗者として再び甲子園に伝説を刻んだ星稜 選手らの涙に込められた思い

    AERA

    8/27

    「松井5敬遠」の明徳出身・河野和洋氏 帝京平成大監督としてあえて選択した“いばらの道”

    「松井5敬遠」の明徳出身・河野和洋氏 帝京平成大監督としてあえて選択した“いばらの道”

    dot.

    2/21

  • 松井秀喜氏の“奇跡”は「寝坊すると活躍する」?

    松井秀喜氏の“奇跡”は「寝坊すると活躍する」?

    週刊朝日

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す