北原みのり「もっと性を語りたい!」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「もっと性を語りたい!」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#セックス#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

中国の方が性についてはオープンに見える面も?(※写真はイメージ)

中国の方が性についてはオープンに見える面も?(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は、「性の話」について。

*  *  *
 先日、一人の女性が会社にやってきた。広東省からやってきたという40代で、「流行っているトーイを見たい」と言う。オーストラリアのフェミニストから紹介されたという。

 それは光栄!と説明を始めると、彼女はトーイを写真に撮ってはケータイで誰かに送り、何かを相談し始めた。さらに「オーラルセックスっぽい感覚のバイブは?」など、ケータイの向こうからの質問を次々投げてくる。誰と話しているの?と聞くと、驚いたことに「27人の女友達」と言うのだった。なにそれ!と思わず声をあげると、「こういう話をする専用のグループを作ったら、増えてきちゃって」と笑うのだった。今度は私が質問する番だった。彼女は女性学専門の大学教授。仲間の職業は様々で、多くは既婚者の40代という。友人数人とセックスファンタジーの話をしているうちに、友達の友達の友達の……と、輪が広がったのだという。

 上海の街角にあるセックストーイショップは洗練され、コンビニにエロ本はないけどレジ横にコンドームが置かれる中国で、性は日本よりもオープンに見える面もある。でも詳しいことはわからない。ねぇ、あなたたちはどんなファンタジーを話しているの? なぜそれを始めたの? どんな性文化を生きているの? こんなにも近い国なのに、私は中国の女性たちと出会えてないのだと思う。語らなくちゃいけないことも山ほどある。私たちは連絡先を交換して、私は彼女とその仲間に「バイブ・フェミ割」も約束した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい