命を縮める「睡眠負債」 そのチェック法とは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

命を縮める「睡眠負債」 そのチェック法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日#ヘルス
パナソニックと寝具メーカーの西川産業が開発する快眠サービスのイメージ(c)朝日新聞社

パナソニックと寝具メーカーの西川産業が開発する快眠サービスのイメージ(c)朝日新聞社

日本人の4割は6時間未満の睡眠時間になっている(週刊朝日 2018年7月6日号より)

日本人の4割は6時間未満の睡眠時間になっている(週刊朝日 2018年7月6日号より)

睡眠負債のチェック項目(一つでも当てはまれば要注意)(週刊朝日 2018年7月6日号より)

睡眠負債のチェック項目(一つでも当てはまれば要注意)(週刊朝日 2018年7月6日号より)

すみやかに寝るための10カ条(週刊朝日 2018年7月6日号より)

すみやかに寝るための10カ条(週刊朝日 2018年7月6日号より)

 ドラえもんの秘密道具に「睡眠圧縮剤」というのがあった。服用して1時間眠れば、その人のカラダは10時間分の睡眠をとったことになるという魔法の薬。1日24時間のうち、1時間だけ寝れば、残る23時間に活動できるわけだ。

【すみやかに寝るための10カ条はこちら】

 本当にそんな薬があったらいいなあ……そう願ってしまうほど、現役世代は忙しい。仕事をリタイアした人の多くも不眠に悩む。成長期の子どもは、塾やスマホで夜更かしばかりしている。

「7時間前後の質のよい睡眠をとっていれば、健康被害は最も少なくなります」

 睡眠評価研究機構代表で医学博士の白川修一郎さんは、そう指摘する。

 でも、日本人の多くは7時間も寝ていない。厚生労働省が20歳以上の男女を対象に調べたところ、7時間に満たない人が全体の7割を超えた(2015年)。このうち「5時間未満」の人が8.4%、「5時間以上6時間未満」の人が31.1%を占めた。しかも、睡眠時間は年々減少傾向だ。

 いや、私は6時間寝れば大丈夫です──そうおっしゃる人もいるだろう。だが、ここでは「個人差はあるが、7時間は必要」という白川説で話を進める。

 7時間を前提とすれば、6時間しか寝ない人には、毎日1時間の寝不足が生じる。これを1カ月続ければ30時間、1年続ければ360時間の寝不足が蓄積される計算になる。みんな毎日一定の睡眠時間を必要としており、それより短ければ足りない分が徐々にたまって睡眠負債となるのだ。

 5時間や6時間の睡眠でも十分だと思っていても、実際には負債を抱えている場合がある。下の「睡眠負債のチェック項目」で確認しよう。一つでも当てはまる人は睡眠負債があると考えたほうがいい。

【睡眠負債のチェック項目】(一つでも当てはまれば要注意)
□ 朝起きる時刻になかなか起きることができない
□ 休日は平日よりも2時間以上長く眠らないと体が持たない
□ 平日の午前中に眠くてたまらないことがしばしばある
□ 夕食後にうたた寝をしてしまうことがしばしばある
※白川修一郎・睡眠評価研究機構代表への取材を基に作成

 睡眠負債は自覚症状のないまま蓄積されていく。その結果、仕事や勉強が思うようにはかどらなくなる。白川さんが一部を監修した『睡眠負債 “ちょっと寝不足”が命を縮める』(朝日新書)で紹介された例を挙げよう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい