“私の死”は存在しない、でも死後の世界は存在する 帯津先生の考え方

「健脳」養生法――死ぬまでボケない

帯津良一

2018/06/11 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「死後の世界」。

あわせて読みたい

  • “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」

    週刊朝日

    4/6

    死後の世界は存在する? 帯津良一「ある」と決めた深いワケ
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死後の世界は存在する? 帯津良一「ある」と決めた深いワケ

    週刊朝日

    6/24

  • 養老孟司は“死体”を持ち歩いていた?

    養老孟司は“死体”を持ち歩いていた?

    週刊朝日

    5/26

    死を前に倒れた先にいてほしいのは…帯津医師がすすめる明るい“死のイメトレ”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死を前に倒れた先にいてほしいのは…帯津医師がすすめる明るい“死のイメトレ”

    週刊朝日

    6/17

  • 「太極拳」は認知症予防につながる? 帯津医師が説くポイントとは
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「太極拳」は認知症予防につながる? 帯津医師が説くポイントとは

    週刊朝日

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す