80代以上の誰もがかかる白内障 眼内レンズ選びで手術後の見え方が変わる?

シニア

2018/04/19 07:00

 80代以上の有病率は100%と言われる「白内障」。唯一の治療法は手術で、その際に眼の中に入れる眼内レンズの選び方で術後の見え方が変わる。週刊朝日ムック『眼の病気&老眼がまるごとわかる2018』では、レンズの選び方のコツを専門家に聞いた。

あわせて読みたい

  • 白内障の手術をしたら寝たきりの人が元気に歩き始めたことも! 眼科医が語るメリットとは?

    白内障の手術をしたら寝たきりの人が元気に歩き始めたことも! 眼科医が語るメリットとは?

    dot.

    5/31

    白内障の「早期」で手術を受ける人も 背景に眼鏡が不要になる「眼内レンズ」の進化

    白内障の「早期」で手術を受ける人も 背景に眼鏡が不要になる「眼内レンズ」の進化

    AERA

    11/15

  • レンズの進化で“見たい距離”に 眼科医おススメの最新老眼治療

    レンズの進化で“見たい距離”に 眼科医おススメの最新老眼治療

    週刊朝日

    3/13

    30代の人にもおススメ 老眼を救う「遠近両用コンタクトレンズ」

    30代の人にもおススメ 老眼を救う「遠近両用コンタクトレンズ」

    週刊朝日

    3/8

  • 白内障の手術後、レンズが目の奥に落下することも

    白内障の手術後、レンズが目の奥に落下することも

    週刊朝日

    11/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す