「人足」呼ばわりされた大センセイ 思い浮かべた言葉とは?

大センセイの大魂嘆!

山田清機

2018/04/14 16:00

 SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「それぞれの一角」。

あわせて読みたい

  • 中年男も“新人類”だった…「スマホは危険」なワケ
    筆者の顔写真

    山田清機

    中年男も“新人類”だった…「スマホは危険」なワケ

    週刊朝日

    5/28

    学級会は難しい? 大センセイが小学校時代の“失敗”を思い出す
    筆者の顔写真

    山田清機

    学級会は難しい? 大センセイが小学校時代の“失敗”を思い出す

    週刊朝日

    4/15

  • アドラーが警告「褒められて育った人間の末路」 大センセイも納得
    筆者の顔写真

    山田清機

    アドラーが警告「褒められて育った人間の末路」 大センセイも納得

    週刊朝日

    12/31

    「軽く見られる」と得? 大センセイが代理店マンと仕事をして
    筆者の顔写真

    山田清機

    「軽く見られる」と得? 大センセイが代理店マンと仕事をして

    週刊朝日

    6/17

  • 大センセイが認める巧妙な「意地悪」 小学2年のときの思い出
    筆者の顔写真

    山田清機

    大センセイが認める巧妙な「意地悪」 小学2年のときの思い出

    週刊朝日

    9/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す