なぜ大谷翔平に「辛口」評価? 日ハム清宮、2軍スタートは吉なワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ大谷翔平に「辛口」評価? 日ハム清宮、2軍スタートは吉なワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田朔週刊朝日
二刀流の本格始動の大谷(c)朝日新聞社

二刀流の本格始動の大谷(c)朝日新聞社

清宮の1軍での活躍はいつになるか(c)朝日新聞社

清宮の1軍での活躍はいつになるか(c)朝日新聞社

 日米で注目の2人が、それぞれの開幕を迎えた。

【写真】一方、注目ルーキーの清宮は…

 まずはエンゼルス大谷翔平(23)。あと2年待てば100億円単位の大型契約もあると言われていた中、マイナー契約からのスタートを受け入れて海を渡った“二刀流”は、見事に開幕メジャーの座を得た。

「上々のデビューですが、彼の置かれている立場を考えると、手放しに『よかった』と言えるほどのことではないと思うんです」

 こんな辛口の評価を口にするのはメジャーリーグに詳しいベテラン野球記者。まず、開幕直前にバッティングフォームを変えた。スポーツマスコミは“ノーステップ”や“すり足”と表現し、動きが少ない分、独特な投げ方が多いメジャー投手の球にタイミングを合わせやすい、と報じたが、

「オープン戦で結果が出なかったための突貫工事としか思えないし、焦りも感じます。この打ち方だと飛距離が出にくい。打者大谷の魅力である長打力を消す可能性がある」(前出記者)

 確かに開幕戦は単打に終わった。さらに、

「目覚ましい活躍をしないと、チーム内からも批判される可能性が高いと思うんです」(同)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい