たけし、りえ、小泉…大物の「転機」で芸能界も変化か (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

たけし、りえ、小泉…大物の「転機」で芸能界も変化か

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
宮沢りえ(c)朝日新聞社

宮沢りえ(c)朝日新聞社

小泉今日子(c)朝日新聞社

小泉今日子(c)朝日新聞社

「背負ってきたものをいったんおろしたい」

 所属事務所にこう申し出たのは、タレントで映画監督のビートたけし(71)。所属事務所のオフィス北野を3月末で退社し、2015年に設立した新会社を4月からの拠点とするという。

【写真】順風満帆?今年2月に独立を発表した女優の小泉今日子

 今年2月に独立を発表したのは、女優の小泉今日子(52)。俳優・豊原功補(52)との不倫関係も公表し、「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟」と決意をにじませた。

 3月16日には、女優の宮沢りえ(44)が再婚を電撃発表。相手はV6の森田剛(39)で、一部報道によれば、長女(8)と3人で共同生活をスタートさせているという。

 芸能界では、人気アイドルの結婚は敬遠され、事務所からの独立・移籍はタブー視されてきた。タレントの実力以上に、事務所の力がものをいう風潮が根強いからだ。コラムニストの今井舞さんは言う。

「テレビを筆頭に、事務所ありきの起用は当たり前。いわば、既得権益がものをいうやり方がまかり通っている業界でもあります」

 にもかかわらず、大物芸能人が続々と、その風潮に反するような決断を下したのはなぜか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい