恋活イベントに参加したアラフォー記者の心が折れた瞬間とは? (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

恋活イベントに参加したアラフォー記者の心が折れた瞬間とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントの様子

イベントの様子

 結婚したい!と思い続けて、既にアラフォー。おっさん記者が、出会いを求めて街コンイベントに初めて参加してみた。
 
 彼女無し歴?年の独身おっさん記者は、結婚願望はあっても、最近ではもっぱら出会いすらもない。そんな時、編集部に「大型恋活イベントが開催!」というリリースが届き、企画会議で「独身男性の誰か参加して体験ルポで書いたら、面白いんじゃない」となった。その場にいた独身男性記者は3人。すぐさま「俺が参加します!結婚したいんで!出会いを求めに行ってまいります!」と立候補し、ワラにもすがる思いで参加してきた。

 今回参加したのは、街コンジャパンが主催する“そのエリアで最大にして最高の恋活パーティー”とうたうイベント「LOVE FES(ラブフェス)」。街コンジャパンは昨年12月から、定期的にラブフェスを全国複数箇所で同日開催を行い始め、これまで計3回約6000人の男女が参加した。記者はその内、1月に全国14カ所で一斉に開催されたラブフェスで、関東圏の会場のものに参加した。

 30代後半までという年齢制限があり、参加費は当日購入で男性が8000円、女性が2500円。男性には高額に感じた。前売りチケットや、複数人とのまとめ参加で安くチケットを購入することは可能だが、記者は当日チケットを購入した。

 週末の夜、少しばかり服装を気にかけて、会場へ到着すると、まさかの長蛇の列。さっそく怖気つく。

 会場について驚いたのは、思った以上に参加人数が多く、男性も女性もそれぞれ100人ほど。そして、何より意外だったのは、20代半ばの男性、女性の参加者が多いことだった。さっそく、自分が会場内でも最年長の部類に入ることを悟った。

 受付を済ませると番号が書かれたネームカードを渡された。自分の名前または呼び名、趣味などを書き、身に着けた。会場では、番号付けられたテーブルが並んであり、それぞれ男女5人ずつほど立ち、立食やお酒を飲みながら会話をしていく。そして15分経過したら、男性たちが次のテーブルに移っていく仕組みだ。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい