真っすぐなロックンロール道 ~浅井健一の進化形 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真っすぐなロックンロール道 ~浅井健一の進化形

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故

ロックンロールを追究するギター&ヴォーカルの浅井健一

ロックンロールを追究するギター&ヴォーカルの浅井健一

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS『Sugar』

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS『Sugar』

 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSの2作目のニュー・アルバム『Sugar』が早くも登場した。

 ワイルドでスピード感あふれるハード・コアな展開。ブギを下敷きにしながら、独特なグルーヴ感を持ち、オルタナ・センス満載のヴァリエーションに富んだロックンロールだ。スリリングでありながら、メロディーには叙情味もある。

【ニュー・アルバム『Sugar』のジャケットはこちら】

 昨年3月に通常盤が発売された1作目の『METEO』から着実に進化している。バンドとしての堅固なまとまりを見せるだけでなく、新味を備えた力作だ。

 浅井健一がBLANKEY JET CITYを結成し、“イカ天”こと『三宅裕司のいかすバンド天国』で第6代グランドイカ天キングとなってメジャー・デビューしたのは1991年。2000年に解散後、SHERBETS、JUDEなどさまざまなバンド活動を続け、06年からはソロ名義でも活動してきた。

 新たなソロ・プロジェクトとして浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSを結成したのは16年5月。ベースに元NUMBER GIRLの中尾憲太郎、ドラムスにカナダのロカビリー・バンドなどで活躍してきた小林瞳を迎えての3人編成だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加