USJ、メルカリ、仮装通貨事業…今年、大注目の新規上場候補は?

2018/02/02 07:00

 1991年以来26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復するなど活況な投資市場。増収益を続ける企業の成長過程で投資することができる新興銘柄に注目が集まるが、今年、新規上場する可能性のある企業は? 日本証券新聞社代表取締役社長を12年務め、独立した「株式会社メディアストラ」代表の天野秀夫氏が報告する。

あわせて読みたい

  • 「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

    「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

    AERA

    4/3

    活況な投資市場 初心者が狙うは新興株の市場変更

    活況な投資市場 初心者が狙うは新興株の市場変更

    週刊朝日

    2/1

  • 「IPO」投資とは? 注目銘柄が目白押しで“お祭りさわぎ”

    「IPO」投資とは? 注目銘柄が目白押しで“お祭りさわぎ”

    週刊朝日

    8/21

    「東証一部」足切りは時価総額「250憶円」? 市場は疑心暗鬼

    「東証一部」足切りは時価総額「250憶円」? 市場は疑心暗鬼

    AERA

    4/3

  • コロナ禍の株式市場…専門家「儲けたのは日銀と証券会社くらい」「歪な相場」

    コロナ禍の株式市場…専門家「儲けたのは日銀と証券会社くらい」「歪な相場」

    週刊朝日

    1/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す