津田大介「遺体動画が突きつけたユーチューブの難題」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「遺体動画が突きつけたユーチューブの難題」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

遺体動画を投稿したことで批判を浴びているローガン・ポール氏のホームページ

遺体動画を投稿したことで批判を浴びているローガン・ポール氏のホームページ

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。たびたび問題が発覚するユーチューブにとって今年は、メディアとしての試練の年になるという。

【写真】遺体動画を投稿し批判を浴びているポール氏のホームページ

*  *  *
 米国の人気ユーチューバー、ローガン・ポール氏が昨年12月31日に投稿した動画をめぐって、波紋が広がっている。

「日本の自殺の森で遺体を発見……」と題されたその動画は、ポール氏が青木ケ原樹海で遺体を発見した際の模様を伝えた。遺体の顔にはぼかしがかけられていたが、至近距離から撮影されていた。ポール氏は動揺しながらも、大げさなリアクションで興奮気味に心境を語り、同行した仲間とジョークを交えて笑いながらやり取りする様子も映し出されていた。

 この動画が公開されるとすぐに、「自殺を視聴数稼ぎに利用している」「亡くなった方や遺族を冒涜(ぼうとく)している」との批判が殺到。人気ドラマに出演する有名俳優らが強い口調で非難したことで、ポール氏への批判はさらに加速していった。

 この事態を受けて、ポール氏は翌日には動画を削除したが、その時点で既に600万回以上再生されていた。彼は謝罪動画を投稿し、「もっと適切な行動があったはずなのにそうできなかった」「この動画を投稿すべきではなかった」と目に涙を浮かべながら謝罪し、亡くなった方や遺族には「心からおわびする」と語った。しかし、批判は一向に収まることはなく、ポール氏のチャンネル削除を求める活動も開始され、既に48万人分もの署名が寄せられている。

 ユーチューブは1月9日の声明で、「自殺はジョークではなく、再生回数稼ぎのために利用されるべきでもない」と動画を非難し、再発防止策を講じることを約束した。さらに、ポール氏のチャンネルがユーチューブのガイドラインに違反していたことを認め、人気チャンネル向けの広告プログラムから除外。ポール氏が出演予定だったユーチューブ独自コンテンツの制作も中断すると発表した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい