津田大介「消費者不在のグーグルとアマゾンの対立」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「消費者不在のグーグルとアマゾンの対立」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

グーグルのスマートスピーカー「グーグルホーム」(右)と「グーグルホームミニ」。話しかけることで様々な操作ができる(c)朝日新聞社

グーグルのスマートスピーカー「グーグルホーム」(右)と「グーグルホームミニ」。話しかけることで様々な操作ができる(c)朝日新聞社

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。アマゾン、グーグル間で起きた“対立”について解説する。

【話しかけることで様々な操作ができるグーグルのスマートスピーカー】

*  *  *
 テレビに接続することで、ネットフリックスやフールーといった映像配信サービスやユーチューブなどの動画サイトを、パソコンなしで簡単に楽しむことができるスマートテレビデバイスがじわじわと家庭に浸透してきている。アップルの「アップルTV」やアマゾンの「ファイアTV」、グーグルの「クロームキャスト」などだ。しかし、競争が激化するなかアマゾンとグーグルが「場外乱闘」を始めている。

 2017年12月5日、グーグルはファイアTVへのユーチューブサービスの提供を停止すると発表した。18年1月1日以降、ファイアTVのユーチューブアプリから動画を視聴できなくなるという。グーグルはその理由について、アマゾンがグーグルの製品やサービスを不当に扱っており「信頼関係が失われている以上、ユーチューブを提供できない」と説明している。

 アマゾンは自社のネット通販で、ネットとテレビをつなぐ「クロームキャスト」やスマートスピーカー「グーグルホーム」などのグーグル製品、グーグル子会社のネストのサーモスタット製品などを取り扱っていない。アマゾンマーケットプレイスでの第三者による販売も許可していない。アマゾンがプライム会員向けに提供する「プライム・ビデオ」も、グーグルのクロームキャストでは利用できないようにしているという。つまり、アマゾンが自社プラットフォームで競合している製品やサービスを扱っていないというわけだ。

 ユーチューブサービスの提供停止に対し、アマゾンは強く反発。「グーグルはオープンであるべきウェブサイトへのアクセスを選択的に遮断する悪(あ)しき前例を作ろうとしている」との声明を発表した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい