北原みのり「熊本で今さら『アグネス論争』?」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

時間が止まってるのか…(※写真はイメージ)
拡大写真

時間が止まってるのか…(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は、熊本市の「子連れ議会」問題について。

*  *  *
 熊本市議の子連れ出勤問題、あまりにも87年のアグネス論争と酷似していて驚く。時間が止まってるのか。

 当時アグネス・チャンは、母と乳幼児は一緒がいい、という考えから「子連れ出勤」をしていた。「職場が和む」などと語るアグネスにメディアも好意的で、彼女は参議院の国民生活に関する調査会で意見を述べるようにまでなっていた。

 アグネス礼賛の空気に待ったをかけたのが林真理子さんと中野翠さんだ。「アグネスが子どもを連れてきて、誰がイヤな顔ができる?」と、二人はジャーナリズムとアグネスの鈍さを批判した。「アグネスなら許されること」が、女一般には通用しない男社会の本音が見えていたのだ。アグネスが「働く女の代表」でもないことも。

 二人の批判にメディアは食いついた。女が女を叩くなんて格好のネタだ。さらに、そこに乗じたのが上野千鶴子さんだった。男が「子連れ出勤」しないですむのは誰のおかげか、と「代理戦争」を買って出たのだ。

 おかげでアグネスvs.林ではなく上野vs.林になってしまったアグネス論争。この時、林さん等は“リベラル”から叩かれた。「戦争加害国が中国の女を叩くな」という方向違いの批判もあったという。

 もちろん、「アグネス論争」には様々なフェミも参戦している。主には“母は子どもといるべきという考えは、母への抑圧になる”“保育園を充実させるべきだ”という意見が中心だった。この方向で議論が深まらなかったことが、今となってはつくづく残念だ。結局、パフォーマンスだけでは議論は深められないという教訓を、アグネス論争は残したのだ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック