AERA dot.

林家たい平 修業時代にこっそり寄っていた「おにぎり」専門店とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今中るみこ週刊朝日#人生の晩餐

宿六東京都台東区浅草3-9-10/営業・11:30~17:00、18:00~翌2:00(売り切れ次第終了)/休日・水夜、日昼(撮影/写真部・岸本絢)

宿六
東京都台東区浅草3-9-10/営業・11:30~17:00、18:00~翌2:00(売り切れ次第終了)/休日・水夜、日昼(撮影/写真部・岸本絢)

おにぎり〈塩紫漬・山ごぼう〉昭和29年創業のおにぎり専門店。コシヒカリの銀シャリで、十数種のネタがカウンターの目の前で握られる。塩紫漬は紫蘇の実がプチプチとした食感。山ごぼうはみそ風味で歯応えがよく、どちらも昔懐かしい味わい。おにぎり270円〜。昼はおにぎり2個、味噌汁、沢庵付き660円〜。日本酒も置く。税込み(撮影/写真部・岸本絢)

おにぎり〈塩紫漬・山ごぼう〉
昭和29年創業のおにぎり専門店。コシヒカリの銀シャリで、十数種のネタがカウンターの目の前で握られる。塩紫漬は紫蘇の実がプチプチとした食感。山ごぼうはみそ風味で歯応えがよく、どちらも昔懐かしい味わい。おにぎり270円〜。昼はおにぎり2個、味噌汁、沢庵付き660円〜。日本酒も置く。税込み(撮影/写真部・岸本絢)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は落語家の林家たい平さんが「宿六」のおにぎり〈塩紫(しそ)漬・山ごぼう〉を紹介する。

【昔懐かしい味わい おにぎりの写真はこちら】

*  *  *
 あれは僕がまだ、大師匠の初代三平宅に住み込み修業をしていた20代の頃。兄弟子がたまたま、この店に連れていってくれました。子供の時、おふくろがよく弁当に入れてくれた塩紫漬のおにぎりを食べたら、懐かしくて。それ以来、浅草演芸ホールの帰り、こっそりひとりで立ち寄るようになったんです。

 修業中の身ですから、普段はほっとできる時間がない。そんななか、先代の女将さんが割烹着姿でいつも笑顔で迎えてくれましてね。まさに東京のお母さんのような存在で。カウンター越しに「頑張ってたら、きっといいことあるよ」って、いつも励ましてくださった。

 香りのいい海苔で挟んだ握り飯は、ほっかほかで愛情が詰まってて。噛みしめながら、頑張ろうって気になりましたね。当時の女将さんはお亡くなりになりましたが、最近、2代目の女将さんの笑顔がお母さんそっくりになってこられた。

 おにぎりは日本人にとっては食の原点。そして僕にとっては落語家の原点でもあるんです。

「宿六」東京都台東区浅草3−9−10/営業時間11:30~17:00、18:00~翌2:00(売り切れ次第終了)
(取材・文/今中るみこ)

週刊朝日 2017年12月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   人生の晩餐 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加