アベノミクスは“まやかし” 格差拡大に増えない給料…どうなる日本! (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アベノミクスは“まやかし” 格差拡大に増えない給料…どうなる日本!

このエントリーをはてなブックマークに追加
池田正史週刊朝日#安倍政権
株価は上がったが景気回復を実感できない人も多い=東京・兜町の東京証券取引所、多田敏男撮影

株価は上がったが景気回復を実感できない人も多い=東京・兜町の東京証券取引所、多田敏男撮影

経常利益は10兆円も増えたのに人件費は横ばいのままだ(週刊朝日 2017年11月3日号より)

経常利益は10兆円も増えたのに人件費は横ばいのままだ(週刊朝日 2017年11月3日号より)

アベノミクスで株価はバブル期以来の高値に上昇しているが…(週刊朝日 2017年11月3日号より)

アベノミクスで株価はバブル期以来の高値に上昇しているが…(週刊朝日 2017年11月3日号より)

 衆院選で与党が優勢に戦いを進めた背景にはアベノミクスがある。与党側は雇用の改善といった成果を強調し、有権者から一定の支持を得た。安倍首相は自身の経済政策は正しかったとして、「再加速」しようとしている。だが、成果は“まやかし”だと指摘する専門家は多い。広がる格差、増えない家計所得……。その“後始末”はこれから始まる。

【経常利益は10兆円も増えたのに人件費は横ばいのまま】

「アベノミクスの『3本の矢』を放つことで日本経済の停滞を打破し、マイナスからプラス成長へと大きく転換することができました」

 安倍首相は、衆院解散を表明した9月25日の会見でこう発言。数値を挙げて、実績をアピールした。

 国内総生産(GDP)は11年ぶりに6四半期連続でプラス成長を続けている。雇用者数は200万人増加し、正社員の有効求人倍率は1倍を超えた。大学新卒者の就職率は過去最高を更新している。

 確かにアベノミクスにはそれなりの効果はあった。大幅な金融緩和や積極的な財政支出、規制緩和などによる成長戦略という「3本の矢」は、不況時にやるべき経済政策で、何も目新しいものではない。やるべきことをやれば、ある程度効果が出てくるのは当然だ。

 問題は、効果があったとしても負の側面は必ずあるのに、それを政権が直視していないことだ。例えば株価の上昇は、経済全体で見ればプラスの面が多い。だが、株式などに積極的に投資している世帯は2~3割程度。大半の人にとって、株価上昇の恩恵は直接的には感じられない。株価が上がれば上がるほど、株式を持つ人と持たざる人との資産格差は広がっていく。

 安倍首相の選挙中の主張では、こうした負の側面に触れず、「アベノミクスの加速で所得が向上する」といったバラ色の未来ばかり訴えているように見える。

 経済評論家の斎藤満氏はこう批判する。

「アベノミクスによって潤っているのは企業だけ。企業の業績が良くなれば社員の給料も上がり、所得や消費に回すお金も増えていくと主張する『トリクルダウン』なんてまやかしです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい