鈴木おさむ 初の精密検査で「セカンドオピニオンが聞きたいが…」

1970年生まれの団ジュニたちへ

鈴木おさむ

2017/09/28 16:00

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「信頼できる医者」をテーマに送る。

あわせて読みたい

  • 女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    dot.

    7/18

    5年生存率30%? 鈴木おさむが医師の診断でリアルに死を考える
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    5年生存率30%? 鈴木おさむが医師の診断でリアルに死を考える

    週刊朝日

    7/18

  • 子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    dot.

    7/19

    「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    週刊朝日

    5/26

  • 「かかりつけ医の腕の見せ所はどの病院に紹介するか」と医師 専門外の病気でも相談するメリットは

    「かかりつけ医の腕の見せ所はどの病院に紹介するか」と医師 専門外の病気でも相談するメリットは

    dot.

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す