痴漢保険にネット炎上保険も! “イマドキ”保険事情に迫る (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

痴漢保険にネット炎上保険も! “イマドキ”保険事情に迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

ペットも大切な家族(※写真はイメージ)

ペットも大切な家族(※写真はイメージ)

多種多彩 イマドキ保険の例(週刊朝日 2017年9月8日号より)

多種多彩 イマドキ保険の例(週刊朝日 2017年9月8日号より)

「社会人なら保険くらい入らないとね」。そんな言葉もいまは昔。キホンの死亡保険に加入しない人が増えているという。家庭事情は十人十色。保険も個人に合わせてカスタマイズする時代なのだ。世相を反映したお得でイマドキな保険を紹介しよう。

【花嫁のお守り、無縁社会のお守りって? 多種多彩なイマドキ保険の例】

 ブログで闘病記をつづる著名人が増えている。

「若い世代も身につまされるのでしょう。医療保険はまだまだ需要がある。みなさん必要な保険を真剣に選んでいます。『とりあえず保険に入る』時代から、自分に合った保険を選び抜く時代が来たのです」

 そう話すのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の山口京子さんだ。ネット保険やニッチな需要をすくい取るミニ保険など、保険商品は、おどろくほど豊富にそろう。

◆ペット
 迷い猫の捜索費用を補償します──。東京海上日動火災保険から今年6月、ペット探偵による「ねこ捜索サービス保険」が登場した。発信機「ねこもに」の代金、約7500円に保険料が含まれる。発信機を開発・販売するIT企業の「オープンストリーム」の担当者は、「猫の姿が見えなくても、75メートルまでならばスマートフォンで居場所を確認できます」と自信を見せる。

 それでも見つからない場合は、同社がペット探偵社に連絡。チラシやスタッフによる捜索など3日間で5万円の費用は、保険でカバーされる。保険期間は、発信機の電池の寿命と同じ1年間。

 日本アニマル倶楽部の「プリズムコール」は、ペットの通院や入院、がん手術や高度後遺障害、葬儀費用まで手厚くカバー。フェレットやハリネズミ、モモンガなどの小動物や鳥、イグアナなどの爬虫類も保険の対象だ。

「私が動けなくなったり、死んだりしたら、ペットはどうしよう」

 そんな飼い主の不安を解消するのが、「ペットのお守り」(アスモ少額短期保険)だ。飼い主を失った犬猫の処分数は、年間8万に達するという。「老犬ホーム」の入居費用も1年で50万円近い施設もある。300万円を上限に保険金が支払われるので、老犬ホームの費用にあてたり、ペットを託す人物へ預けることも可能だ。ペットの種類は問わない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい