東筑 石田伝説~第5章への予感 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東筑 石田伝説~第5章への予感

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐々木亨週刊朝日#高校野球
来年の100回大会に「石田伝説第5章」を紡ぐことを決意した東筑の2年生エース石田(撮影/馬場岳人)

来年の100回大会に「石田伝説第5章」を紡ぐことを決意した東筑の2年生エース石田(撮影/馬場岳人)

 無論、毎年のように「石田姓」の選手をエースにすれば、必ず甲子園に出場するというものでもない。山本哲也部長は言う。

「実際に、10年ぐらい前に石田というピッチャーがいて負けた時代もありました」

 それでも、東筑は伝説を信じた。そして、その不思議な力を実感した。山本部長が続ける。

「選手たちにとっては、『石田伝説』という話題があってよかったと思います。その流れの中で、また今年の夏、選手たちが一つになって伝説をつないでくれたことがよかった」

 大会初日(8月8日)の第2試合。東筑は初戦で済美(愛媛)に敗れてエースは泣き崩れた。6四死球に10安打を浴びて10失点(自責点6)。試合直後の石田旭昇は「情けないです。自分の力が及ばなかった。球場の雰囲気にのまれて、自分が自分じゃないというか、本来の打たせて取るピッチングができなかった」と唇をかんだ。ただ、こうも語るのだ。

「この悔しさを忘れずに、これから一年間踏ん張って心身ともに成長し、またエースとして甲子園のマウンドに戻ってきたい」

 福岡大会7試合を1人で投げ抜き、甲子園でも145球の熱投を見せた2年生エースは涙の奥でそう誓った。

 石田伝説は、終わらない。(スポーツライター・佐々木亨)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい