全米で2位に!! 松山英樹の“聞く力”を丸山茂樹が指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全米で2位に!! 松山英樹の“聞く力”を丸山茂樹が指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹選手が2位となった理由は?(※写真はイメージ)

松山英樹選手が2位となった理由は?(※写真はイメージ)

「全米オープンゴルフ選手権」で2位となった松山英樹選手(25)。丸山茂樹氏がその理由を解説する。

*  *  *
 いやあ、テレビの解説をしながら前のめりになっちゃいました。

 海外メジャー第2戦の「全米オープンゴルフ選手権」(6月15~18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ)で松山英樹(25)が、メジャー大会の日本勢過去最高に並ぶ2位に入りました! 初日から74、65、71、66と波があって、見てる側は「苦しいなあ」「やっぱりすげえな」というアップ&ダウンの4日間でした。素晴らしい戦いでしたよ。

 2月の「フェニックス・オープン」で2連覇してからトップ10に一度も入れないまま迎えた全米オープンでしたけど、やっぱり心配はいらなかったですね。2日目、最終日のように一発大きなスコアを出せる土台はできてますから。ただ初日と3日目のようにパッティングがよくないと、勝ちきるのは難しい。ゴルフは総合力のスポーツですからね。中でもパッティングって、いちばん平均値が落ちちゃいけないんです。そのホールの最後の締めだし、次のホールにつなぐ、すごく大事な部門だから。

 この試合で、英樹がスピンを上手に使っていたのに気づいた読者のみなさんも多いんじゃないでしょうか。あれはね、エリンヒルズの芝の質とか地面の硬さが、英樹のアプローチに合ってたんでしょうね。ときどきあるんですよ、「ここのフェアウェー、異常に俺に合ってるな」とか、「バンカーの砂、ここのは大好き」だとか。そういうマッチングがあったとき、ショットにすごく自信を持てることがあるんですよ。今度英樹に会ったら聞いてみたいと思うんですけど、たぶん相性がよかったはずなんです。あれだけのスピンは、ここ最近見たことがなかった。その技術の高さもさることながら、そういう精神的な要因もあったんじゃないかと思いますね。

 僕にアプローチのアドバイスを求めに来たころに比べると、ずいぶん引き出しが増えたと思います。ああいうのは味付けみたいなもんですからね。「このソースの中に、ちょっとあれを入れたらおいしいな」とか、「ぴりっと辛くしたいな」とか。僕だけじゃなくていろんな人に聞いてますから、いろんな味付けをしていって、自分のものにしてるんだと思います。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい