宮内庁もびっくり!「皇太子さまと自撮り」にみる新皇室像 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宮内庁もびっくり!「皇太子さまと自撮り」にみる新皇室像

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#皇室
皇太子さまとハイネさん(左)のツーショット写真 (ハイネさん提供)

皇太子さまとハイネさん(左)のツーショット写真 (ハイネさん提供)

 コペンハーゲンの青空に満面の笑みで、映る皇太子さまとデンマーク人の男性。

 宮内庁を仰天させたのが、6月17日に起こった「セルフィー(自分撮り)」騒動だ。

 デンマークを訪問していた皇太子さまは、港町近くを散策中に地元の一般男性のハイネさんから、携帯電話のカメラに自撮り写真で一緒に映ってもらいたい、と頼まれた。

 笑顔で応じる皇太子さまに、同行していた宮内庁関係者も、驚きを隠せない様子だったという。ハイネさんが報道陣に提供したのが、冒頭のツーショット写真だ。

「天皇と皇族は芸能人ではない」と眉をひそめる宮内庁関係者がいる一方、元宮内庁職員の山下普司は、「来年末と見られる新天皇の即位に向けて、すこしずつ皇太子殿下が独自色を出し始めているようにも感じます」とみている。

「皇太子さまと自撮り写真」はこの4月にも話題にあがったばかり。マレーシア訪問でも自撮りは話題になった。同国のナジブ首相が、自身のツイッターに「一緒にセルフィーができた」と書き込み、皇太子さまとのツーショット写真を投稿している。

 海外でのハプニングとはいえ、そもそも携帯カメラで皇室メンバーを至近距離から撮影する行為は数年前までわが国では考えられなかった。

 宮家と親しい人物は近年の変化についてこう話す。

「2009年ごろ、高円宮久子さまが、公務先で『いきなり携帯電話のカメラを突きつけられて撮影された』、と当惑されていました。皇族方にそんなことをするなんて、と驚愕したものです」

 皇室と携帯の関係に変化が起きたきっかけは、11年の東日本大震災だった。

 震災直後、両陛下は連続で7都県へと足を運び被災者を力づけた。

「このとき、体育館などで避難生活を送る被災者が両陛下を携帯電話のカメラで撮影する場面が何回かあった。しかし、行幸啓(両陛下のお出まし)を取り仕切る自治体職員も、身内や家を失い絶望にくれる被災者に対して、それを止めることは出来ない状態でした」(皇室担当記者)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい