幸福は人生の後半に? 帯津良一が「老いの幸せ」説く

貝原益軒 養生訓

シニア

2017/06/27 11:30

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

あわせて読みたい

  • 老人は「つねに小児を養うように」江戸時代から語られる介護の重要性
    筆者の顔写真

    帯津良一

    老人は「つねに小児を養うように」江戸時代から語られる介護の重要性

    週刊朝日

    1/23

    「いい人」になるのはストレス ならば思い込めばいい! そのコツは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「いい人」になるのはストレス ならば思い込めばいい! そのコツは?

    週刊朝日

    12/2

  • 外でのマスクは「同調圧力」の象徴 “世間から離れる”ことのすすめ
    筆者の顔写真

    帯津良一

    外でのマスクは「同調圧力」の象徴 “世間から離れる”ことのすすめ

    週刊朝日

    12/21

    貝原益軒が養生訓で語った「心の内にある楽しみ」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    貝原益軒が養生訓で語った「心の内にある楽しみ」

    週刊朝日

    12/26

  • 肺がん手術も鍼麻酔で 帯津良一が語る鍼と灸の効果
    筆者の顔写真

    帯津良一

    肺がん手術も鍼麻酔で 帯津良一が語る鍼と灸の効果

    週刊朝日

    10/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す