現実味を帯びる「琉球独立」 歴史的第一歩を踏み出すか!?

沖縄問題

2017/03/13 07:00

 5年後の「2022年度以降」で、日米両政府が合意した沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の返還計画。それに向けた動きと並行するように、沖縄独立の機運が高まっていく──。

あわせて読みたい

  • 日本からの「独立論」強まる沖縄 描く青写真は

    日本からの「独立論」強まる沖縄 描く青写真は

    AERA

    6/29

    沖縄独立はこのようにして可能だ

    沖縄独立はこのようにして可能だ

    AERA

    6/25

  • 「沖縄の基地を本土に引き取ろう」 引き取り論の呼びかけ

    「沖縄の基地を本土に引き取ろう」 引き取り論の呼びかけ

    AERA

    6/23

    翁長沖縄県知事の逆襲 オスプレイ墜落と「琉球独立論」

    翁長沖縄県知事の逆襲 オスプレイ墜落と「琉球独立論」

    週刊朝日

    5/28

  • 沖縄県議選の知事与党勝利は事件のおかげではない

    沖縄県議選の知事与党勝利は事件のおかげではない

    AERA

    6/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す