イッセー尾形さんが惹かれる 他の作家にはない夏目漱石作品の深み

2017/01/01 16:00

 2016年は夏目漱石が亡くなって100年。『坊っちゃん』『吾輩は猫である』と、今も色あせない作品の数々は各方面にファンが多い。ひとり芝居「妄ソーセキ劇場」を始めたイッセー尾形さんに、漱石の魅力について語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 漱石を読めば、小説の技術がすべてわかる?

    漱石を読めば、小説の技術がすべてわかる?

    BOOKSTAND

    1/18

    没後100年 文豪・夏目漱石。 実は科学が大好きでした!

    没後100年 文豪・夏目漱石。 実は科学が大好きでした!

    tenki.jp

    12/9

  • 半藤一利が宮崎駿に依頼した『草枕』アニメ化は宿題に 「期待しないで」

    半藤一利が宮崎駿に依頼した『草枕』アニメ化は宿題に 「期待しないで」

    AERA

    12/3

    総理の誘い 漱石が断ったワケは“トイレ”だった

    総理の誘い 漱石が断ったワケは“トイレ”だった

    週刊朝日

    6/15

  • 「高校時代に読むのは早い」姜尚中が語るおとなになってわかる漱石の魅力とは?

    「高校時代に読むのは早い」姜尚中が語るおとなになってわかる漱石の魅力とは?

    週刊朝日

    1/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す