ミッツ・マングローブ「バブルに迷ったら中山美穂に聞け!」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「バブルに迷ったら中山美穂に聞け!」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ「バブルに迷ったら中山美穂に聞け!」(※写真はイメージ)

ミッツ・マングローブ「バブルに迷ったら中山美穂に聞け!」(※写真はイメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「中山美穂」を取り上げる。

*  *  *
 予告通り、今週は『バブル』についてです。平野ノラさんを始め、今や80年代バブルは鉄板コンテンツですが、実はずっとその定義に違和感を抱いてきました。中でも引っかかるのが、『ジュリアナ東京』をバブル期の象徴とする共通認識です。ボディコンにワンレンソバージュ、派手な扇子とお立ち台ギャル。アイテム的には充分バブリーですし、インパクトも絶大です。しかし、ジュリアナのオープンは、『バブルが弾けた』という概念が生まれた1991年であり、いわゆる『ジュリアナギャル旋風』も92年から93年にかけてのこと。依然、好景気のノリはあったとはいえ、やはりジュリアナは『バブル崩壊後』の産物なのです。私の個人的見解だと、『バブル前兆』が85年・86年。『バブル無自覚期』が87年・88年。さらに昭和から平成に変わった89年・90年が『バブル自覚期』。そして91年・92年が『バブル終焉期』となります。

 何故そんなことにこだわっているかというと、私は既(すんで)のところで、直接バブルの恩恵を受けていないから。年齢的にも物理的(当時イギリスに住んでいた)にも。しかし、大人たちを通して、海外から見た当時の日本は、紛れもなく最強でした。オトナになれば、あんなギラギラした世界で生きられるのだとワクワクしたまま、私はオトナになったのです。

 そんなバブルの変遷を、当時のトップアイドル中山美穂を通して見ることができます。まだ誰も「今がバブルだ」なんて意識もせぬまま、延々と羽振りの良さだけが続いた、まさに祭りの絶頂。それが『無自覚期』です。87年・88年にミポリンが主演したドラマは、基本的に『中山美穂』のままで『役』が成立していました。中山美穂は中山美穂以外を演じてはならなかった時代。それを疑問に思う人もいなかった時代。この意味不明こそバブルです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい