顧客サービス低下の可能性も…「地銀」再編後の行方

2016/10/21 11:30

 地元の“名門”だった地方銀行が大揺れだ。10月3日、西日本シティ銀行(福岡)や長崎銀行(長崎)などを束ねる持ち株会社「西日本フィナンシャルホールディングス(FH)」が発足した。傘下に入ったのは証券会社、カード会社など計7社。その2日前には、常陽銀行(茨城)と子会社に足利銀行(栃木)を持つ足利ホールディングス(HD)が経営統合し、「めぶきフィナンシャルグループ(FG)」ができた。全国に計105行ある地銀は今、戦国時代を迎えている。生き残る銀行はどこか。消えるのはどこか。

あわせて読みたい

  • “地銀戦国時代”勃発! 地銀105行が5年後には20行に!?

    “地銀戦国時代”勃発! 地銀105行が5年後には20行に!?

    週刊朝日

    10/21

    淘汰される「地銀」は? 102行“コスパ”ランキング

    淘汰される「地銀」は? 102行“コスパ”ランキング

    週刊朝日

    10/31

  • 地銀の狙いは不動産仲介業? 生き残りをかける「次の一手」

    地銀の狙いは不動産仲介業? 生き残りをかける「次の一手」

    AERA

    1/19

    3分の1に!? “信金サバイバル”を識者が大胆予測

    3分の1に!? “信金サバイバル”を識者が大胆予測

    週刊朝日

    11/10

  • 人員削減、経営統合…本当に大丈夫なのか

    人員削減、経営統合…本当に大丈夫なのか

    7/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す