サッカー日本代表「20年前に逆戻り」酷評ハリル解任の現実味 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サッカー日本代表「20年前に逆戻り」酷評ハリル解任の現実味

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
酷評続きのハリルホジッチ監督 (c)朝日新聞社

酷評続きのハリルホジッチ監督 (c)朝日新聞社

 2018年のロシアW杯出場をめざすサッカー日本代表は、10月のアジア最終予選の2連戦を1勝1分けで終えた。

 イラクにホームで2−1と勝ち、オーストラリアにアウェーで1−1と引き分けた。通算2勝1敗1分けで、勝ち点7。上位2チームが無条件でW杯への切符を手にするが、サウジアラビア(勝ち点10)、オーストラリア(同8)に続き、日本は3位につけた。

 9月のUAEとの初戦に敗れたが、直近の2試合では最低限のノルマと考えられた勝ち点4を挙げた。

 にもかかわらず、ハリルホジッチ監督に相変わらず解任論がくすぶるのはなぜか。6日のイラク戦で劇的な勝利を挙げたものの、格下相手にホームで土壇場まで苦しめられた。拙い試合内容は理由の一つだろう。

 ただ、それだけが原因ではない。

 勝てばグループ首位に立つ可能性もあったオーストラリア戦。守備重視の戦いをしたことは、やむを得なかった。それにしても、選手交代の時間帯やカードの切り方は疑問符がついた。

 発言も迷走しており、UAEに敗れた際に選手や審判に責任を転嫁したかと思えば、ここへきて目標を「アジア予選突破」と言い切る開き直りも見せる。世界と戦える指揮官として招聘(しょうへい)され、就任時にこうも語っていたのにである。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい