気鋭の建築家夫妻が批判されても続けた“意外なこと”

夫婦

2016/08/23 11:30

 屋根で寝転び、ごはんも食べられる「屋根の家」。園児が部屋や屋上を自由に回遊できる楕円形の「ふじようちえん」──「なぜ、いままでなかったんだろう!」と膝を打つような建築を次々と生み出す人気の“夫婦(めおと)建築家”である手塚貴晴・由比夫妻。建築は建築家のものではない。使う人のもの。それが二人の信条だという。

あわせて読みたい

  • 吉田戦車の中には“おばちゃん”がいる!? 夫婦の「永遠の戦い」とは?

    吉田戦車の中には“おばちゃん”がいる!? 夫婦の「永遠の戦い」とは?

    週刊朝日

    7/10

    「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

    「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

    週刊朝日

    11/13

  • 増田明美の名解説の裏に夫あり! 「僕は地中から支えてます」

    増田明美の名解説の裏に夫あり! 「僕は地中から支えてます」

    週刊朝日

    2/18

    しりあがり寿は日常もギャグ漫画? 「背もたれバターン」「雪駄→藁」…

    しりあがり寿は日常もギャグ漫画? 「背もたれバターン」「雪駄→藁」…

    週刊朝日

    3/18

  • ダライ・ラマの思し召し? 泥棒と思われた男がダンサーと結婚した理由

    ダライ・ラマの思し召し? 泥棒と思われた男がダンサーと結婚した理由

    週刊朝日

    4/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す