盤石の安倍政権に激震か? 小池都知事の「新党構想」に70人 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

盤石の安倍政権に激震か? 小池都知事の「新党構想」に70人

このエントリーをはてなブックマークに追加
小池百合子氏に国政からもラブコールが

小池百合子氏に国政からもラブコールが

 東京都知事選に圧勝した小池百合子氏だが、国政からもラブコールが飛び交い、その動向に注目が集まっている。

「一緒にやれたらいいのだぎゃあ」

 と話すのは、河村たかし名古屋市長だ。都知事選終盤、自民都連への推薦依頼を取り下げ、応援弁士が限られていた小池氏の陣営に飛び込んだのが河村氏。小池氏とは日本新党時代からの付き合いだという河村氏は、

「都議会を改革、解散も辞さないという小池さんの心意気を買った」

 と話す。

 河村氏も、2010年に市民から署名を集め、住民投票を実施し市議会を解散させ、市議選にこぎつけた。

「小池さんとはいろいろ話したよ。解散で大変なのが署名集め。必要ならノウハウを伝授すると伝えてある。それと、国政だわな」

 河村氏が率いる地域政党「減税日本」は、かつて衆院議員も所属していたが、現在は12人の名古屋市議にとどまる。先の参院選でも候補者を擁立したが、落選した。

 一方、国政政党のおおさか維新の会とは参院選で互いの候補者を公認。合併も視野に入れた話し合いがもたれているという。

 都知事選では、河村氏に交じって、小池氏を支援するおおさか維新の会の地方議員もいた。

「小池さんが新党を作って、うちとおおさか維新の会と、名古屋、大阪、東京の大都市のトップで新党がやれないかと小池さんにも言ってあるんだぎゃなぁ~」

 と河村氏は言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい