都市の専門家「一極集中は必然的」 住む場所で人生は変わる? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都市の専門家「一極集中は必然的」 住む場所で人生は変わる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#住宅
速水健朗さん(右)と池田利道さん(撮影/写真部・長谷川唯)

速水健朗さん(右)と池田利道さん(撮影/写真部・長谷川唯)

23区格差

池田利道著

978-4121505422

amazonamazon.co.jp

 東京への一極集中が止まらない日本。しかし、一般社団法人「東京23区研究所」所長の池田利道氏は、『東京どこに住む?』の著者・速水健朗氏との対談で、今「地方創生」で行われている議論は無謀だという。

*  *  *
池田:東京は、地方の暮らしや古い東京のよいところを取り込む底力がある。温故知新的なムーブメントを起こし、受容する柔軟性があるんです。そういう懐の深さは、都心回帰の大きな原動力になっています。

速水:一極集中をなくそうと、「地方創生」が叫ばれていますね。都心に集まる人口を分散させる方向で政策は動いています。池田さんは、一極集中を食い止めるべきだと思いますか。

池田:食い止めようとしてできるものではありません。地方の人口が減り、高齢化が加速することは大きな問題です。とはいえ、だから地方に人口を戻すべし、というのは違います。

速水:では、何をするべきなのでしょうか。

池田:地域を活性化させ、新しい人の流れをつくることです。とかく「人口の流出を食い止めよう」となりがちですが、私は反対です。街の新陳代謝を阻害してしまうから。それぞれの地域には文化がちゃんと根付き、求心力がある。それをどうブランド化するかを考えることが、あるべき方策でしょう。一極集中の是正ありきで、「地方の施設が空いているから、年寄りを移住させよう」という議論は最低だと思いますね。

 一極集中は経済の大きな流れのなかで必然的に起きている。都市は仕事や資産の集積という極を持ち、地方は地域文化という極を持つ。その二つの極の力学を慎重に見極める必要があるのに、強引に片方から何かを引き離す議論は無謀です。

速水:本当は地方で暮らしたい。でも、生きるために仕方なく東京に住むかのようなムードの論調があるじゃないですか。都市というとコンクリートジャングルの冷たいイメージで、暮らしは殺伐としていると。僕はそこに前々から違和感を抱き、異を唱えたかった。

 例えば、通勤ラッシュや交通渋滞などを見ても、ひどかった時と比べてだいぶ改善した。電車の本数が増えたり、時差通勤が広がったり。随分と変わったのに、古い都市のイメージが残っている面もある。現代の都市は違うよ、と僕は言いたかったんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい