室井佑月「有権者は、始まる前から馬鹿にされ負けていた」? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「有権者は、始まる前から馬鹿にされ負けていた」?

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はじまる前から、我々有権者は馬鹿にされ負けていた(※イメージ)

はじまる前から、我々有権者は馬鹿にされ負けていた(※イメージ)

 作家・室井佑月氏は、週刊朝日で連載中のコラム『しがみつく女』で、国民はいつも馬鹿にされ負け続けていると憤る。

*  *  * 
 このコラムがみなさんの目に触れる頃には、参議院選は終わっている。

 わかっていることはひとつ。たぶんほとんどの人間が負けた。それは選挙の報道をみればわかる。

 ぜんぜん盛り上がらなかった参議院選。

 きっと、はじまる前から、我々有権者は馬鹿にされ負けていた。

 参議院選の報道が極端に少なかったのは、

「どうせあんたら、考えたって仕方ないでしょ」

 そういわれているのとおなじこと。

 参議院選の最中は、イギリスのEU離脱と都知事選・小池の乱と、目黒切断遺体事件の話題で盛り上がっていた。

 国民投票でイギリスがまさかのEU離脱となったことに対して、

「だから、国民投票なんて駄目なんだ」

 といっていたコメンテーターがいたっけか。

 参議院選を報道しないこともおなじ理由か。

 国民に考えさせても無駄。馬鹿なんだから。この国のエリートが未来の筋道を立てておる。馬鹿はうるさいこといわず黙ってついてくればいい、って感じであろう。

 エリートも間違うことはあるのにな。歴史を遡れば、いろんな場面で間違っている。

 そして、間違ってしまっても、彼らは責任を取らない。金も力もあるから、結果が出る少し前に逃げきることも可能。尻拭いは、逃げられなかったその他大勢が引き受けることになる。

 この件についてもおなじか。「原発汚染土『8000ベクレル以下』なら再利用を決定」(6月30日付毎日新聞電子版)

<東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の汚染土などの除染廃棄物について、環境省は30日、放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレル以下であれば、公共事業の盛り土などに限定して再利用する基本方針を正式決定した>

 ちなみに、5000ベクレルの廃棄物が100ベクレル以下まで低下するには170年かかるらしい。だが、盛り土の耐用年数は70年だ。

 じつはこの数字、環境省が非公式会合で出していたというから驚く。なのに、なにがしたいんだ?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい