落日の二階王国 世耕官房副長官が参院から衆院へ鞍替えも? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

落日の二階王国 世耕官房副長官が参院から衆院へ鞍替えも?

このエントリーをはてなブックマークに追加
負けた二階親子。崩壊も近い… (c)朝日新聞社

負けた二階親子。崩壊も近い… (c)朝日新聞社

 二階王国に落日が訪れようとしている。稲田朋美・自民党政調会長、小泉進次郎衆院議員らの応援など国政選挙並みの体制で臨んだ和歌山県御坊市長選挙で、二階俊博総務会長の長男、俊樹氏(51)が大差で敗れる波乱があったのだ。

 俊樹氏の支援者が昨年12月末、地元の有力者5人が現職の柏木征夫市長(75)に「次の選挙には出ないでほしい」と直言。だが、市長は首を縦に振らなかった。

「俊樹君は二階先生の政策秘書ではあるが、すぐにブチ切れる性格で非常に評判が悪い。食事に行き、ちょっと不手際があっただけで『二階なんやわかっとるんか』と怒鳴り散らす。柏木市長はもともと二階先生が御坊市に呼んだ。恩人だが『俊樹君ではアカン、保守分裂やむなし』と戦う覚悟を決めた」(市長後援者)

 途中、地元の有力者が保守分裂を食い止めようと二階総務会長に思いとどまるよう説得したが、裏目に。

「ワシは御坊のフダ(票)がなくとも(衆院)選挙には通る」と火に油を注ぐような発言をし、ガチンコの対決となった。

 地元の市議や県議の多くが俊樹氏の支援にまわり、県知事や東京からの大物が次々と地元入り。

「業界団体に、自民党の有力者が支援をよびかけ、俊樹氏のお母さんまで御坊入り。自らがハンドルを握り、期日前投票に有権者を連れていった」(俊樹氏陣営の幹部)

 だが、そんな俊樹氏の親の七光りのような戦いぶりが地元で反発を買った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい