「神経質なテロリスト」 いまもビンラディン生存説 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「神経質なテロリスト」 いまもビンラディン生存説

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
都市伝説のように、いまもビンラディンの生存説が絶えない…(※イメージ)

都市伝説のように、いまもビンラディンの生存説が絶えない…(※イメージ)

「イラン人の歯科医が、追跡機能を備えたマイクロチップを妻の歯に埋め込んでいる。チップの大きさは小麦の粒くらいで幅はベルミチェッリ(素麺のように細いパスタ)程度だろう」

 国際テロ組織アルカイダのリーダーで、米同時多発テロで3千人の命を奪った、オサマ・ビンラディン容疑者が潜伏中、仲間に宛てた手紙の一部だ。

 米政府の発表によると、2011年5月2日未明(現地時間)、パキスタンの隠れ家に妻や息子らと住んでいたビンラディン容疑者を、米軍の特殊部隊が急襲、殺害した。米政府は、隠れ家から押収した数千点もの資料を昨年から少しずつ公開。長い潜伏生活のなかでしたためた本人の遺書やアルカイダメンバーに宛てた手紙、過激派の文書など中身は多岐にわたる。用心深い彼は、インターネットを使わず、手紙に頼った。

 ビンラディン容疑者の震える文字からは、米軍の追跡に怯え、周りの人間に猜疑心を抱く、神経質なテロリストの姿が浮かび上がった。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい