津田大介「マスコミ炎上報道が『一億総ツッコミ社会』を助長」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「マスコミ炎上報道が『一億総ツッコミ社会』を助長」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
マスコミとネット、両者が“共犯関係”になったことで…(※イメージ)

マスコミとネット、両者が“共犯関係”になったことで…(※イメージ)

 ネットを中心に加熱する炎上劇。ジャーナリストの津田大介氏は、そこには好き勝手な発信者とマスコミが生んだ「一億総ツッコミ社会」があるという。

*  *  *
 ここ数年で「ネット炎上」が増えているように感じるのは、ネット空間での議論が、表舞台に上ることが急増したからではないでしょうか。これまで「2ちゃんねる」など、ある程度閉ざされたネット空間で話されていた議論が、「まとめサイト」やSNSの普及、そしてマスコミによって、広く可視化されるようになった。これによって、「その場限りのオフレコな話題」としてアングラな場で交わされていた会話が、時に「世論」として捉えられてしまう事態が発生し始めたのではと感じています。

 日本で最初に炎上が意識され始めたのは、ブログサービスが一般に普及してきた2004年前後。当時の「炎上」といえば、ブログのコメント欄に批判が殺到することを指していました。その後、ツイッターが爆発的に普及し、炎上の舞台はすっかりツイッターに変わりました。ツイッターは、とにかく拡散するSNS。瞬く間に炎上し、それが広く知れ渡るようになってしまったのです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい