松山、米ツアー2勝目! 丸山は称賛も「そんなに甘くはない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山、米ツアー2勝目! 丸山は称賛も「そんなに甘くはない」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山、米ツアー2勝目!(※イメージ)

松山、米ツアー2勝目!(※イメージ)

 松山英樹(23)が米ツアー2勝目をあげた。メジャー制覇に期待がかかるが、丸山茂樹は「そんなに甘くはない」という。

*  *  *
 エンジンがかかればやってくれるだろうと思ってましたけど、思ったより早く最高のニュースが飛び込んできましたね!

 松山英樹が2014年6月の「メモリアル・トーナメント」に続き、米PGAツアー2勝目を飾りました。日本のスポーツ界にとても重苦しいテーマがある中で、ゴルフ界から明るい話題を発信してくれて、ほんとにうれしいです。

 舞台は「フェニックス・オープン」(米アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール、2月4~7日)です。英樹にとって相性のいいゴルフ場で、おととしが4位、去年が2位ときてました。

 3打差の2位から出た最終日は、終始ショットがよかった。ほぼパーフェクトと言ってもいいんじゃないですか? 4日間通算の「パーオン率」は77.8%で出場選手中1位でした。

 最終日17番のバーディーで、27歳のリッキー・ファウラー(米)に並びました。そして迎えた18番。去年の最終日にはプレーオフ進出のかかったパットを外したホールでしたが、今回は下りの5メートルをきっちり沈めてバーディー。ギャラリーのほとんどがリッキーに肩入れする雰囲気の中だったこともあって、相当うれしかったんでしょうね。あの英樹が「ゴルフ人生で一番いいパット」って、自画自賛のコメントしてましたもん。

 リッキーとのプレーオフは4ホール目までいきましたが、英樹は心技体が整ってるように見えました。勝ちへの執念が伝わってきました。それでいて力んでなかったから、しっかりと自分の技術を発揮できた。プレーオフではすべてのクオリティーでリッキーを上回ってたんじゃないですか。

 英樹はこれで自己最高の世界ランク12位ですか。リッキーが4位ということを考えても、英樹の位置とその上はもう紙一重の差しかない。23歳のときのリッキーと比べたら、いまの英樹の方がかなり上だと思いますしね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい