木下家19代当主・木下崇俊「なぜか『豊冨』と名乗った初代」

2016/02/02 07:00

 徳川幕府から豊臣姓を名乗ることが許されていた秀吉の兄の血族である旧日出(ひじ)藩の木下家。19代当主の木下崇俊氏は、初代だけ「豊冨」と名乗っていたと理由をこういう。

あわせて読みたい

  • 木下家19代当主・木下崇俊「木下家に伝わる秘密、何度も暗唱した父」

    木下家19代当主・木下崇俊「木下家に伝わる秘密、何度も暗唱した父」

    週刊朝日

    2/9

    木下家19代当主・木下崇俊「大坂の陣で殺された豊臣秀頼の遺児が生きていた?」

    木下家19代当主・木下崇俊「大坂の陣で殺された豊臣秀頼の遺児が生きていた?」

    週刊朝日

    1/19

  • 「敗軍の将」の末裔が明かす大名家に伝わる極秘の言い伝え

    「敗軍の将」の末裔が明かす大名家に伝わる極秘の言い伝え

    週刊朝日

    8/31

    木下家19代当主・木下崇俊「家宝は大名の暮らし綴った『慶長日記』」

    木下家19代当主・木下崇俊「家宝は大名の暮らし綴った『慶長日記』」

    週刊朝日

    1/26

  • 現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    週刊朝日

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す