安保国会で共闘かと思いきや分裂繰り返す多弱野党 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安保国会で共闘かと思いきや分裂繰り返す多弱野党

このエントリーをはてなブックマークに追加
民主党の次世代リーダーとして注目される玉木氏は、質問回数で毎年上位にランクインしている (c)朝日新聞社

民主党の次世代リーダーとして注目される玉木氏は、質問回数で毎年上位にランクインしている (c)朝日新聞社

 だが、民主党議員の質問回数ランキングで2位になった玉木雄一郎衆院議員は、こう反論する。

「私たちが反対しかしていない政党だという批判こそ、レッテル貼り。野党の大切な役割は、政府の政策をチェックすること。自らの政党と異なる政策であれば、厳しく追及して反対するのは当然。おおさか維新の会は与党にすり寄っているようにしか見えない」

 対する足立氏も、一歩も譲る気配はない。

「無責任野党とは議論はしない。いま、国会で野党と呼べるのは、おおさか維新の会だけだ」

 多弱野党の分裂で与党はさらに力を増す。ほくそ笑むのは安倍首相ではないか。

(本誌取材班=長倉克枝、西岡千史、亀井洋志)

週刊朝日 2016年1月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい