注目ワード

リオ五輪   皇室   熱中症   高校野球   夏休み   SMAP

参院選で逆転狙う野党 選挙の“顔”は翁長沖縄県知事?

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/1/ 5 07:00)

翁長雄志・沖縄県知事 (c)朝日新聞社

翁長雄志・沖縄県知事 (c)朝日新聞社

「憲法改正をはじめ、占領時代に作られた仕組みを変えていこうという立党の原点を呼び起こす」

 安倍晋三首相は昨年11月末、保守系の会合でそう話した。12月には橋下徹・前大阪市長と憲法改正をめぐって懇談している。今夏の参院選で自民が独走すれば、改憲が見えてくる。

 野党は「安倍一強政治」に対抗し、共闘を模索。勝敗の行方を決する32の1人区で選挙協力を実現し、反転攻勢を狙う。

 昨年12月には、学生団体「SEALDs(シールズ)」などが「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を設立し、参院選で野党統一候補を支援すると表明。連携の機運は高まっている。

 そうした構図の下、参院選の前哨戦とされるのが、4月の衆院北海道5区の補欠選挙だ。ここで自民が圧勝すれば、安倍首相は改憲の動きを加速させるために衆院を解散し、衆参ダブル選に持ち込むとの観測も流れる。野党側の危機感は強く、市民連合の山口二郎法政大学教授は「補選で勝てば安倍さんは怖くて衆院解散を打てない」と、自民独走阻止に意気込む。

 だが、選挙に通じる野党関係者の表情は渋い。

「選挙を決めるのは結局は“顔”。国民の支持を集める政治家が前面に出ないと、選挙は勝てない。与党の顔は安倍首相と橋下氏。野党は誰か。岡田(克也・民主党代表)や松野(頼久・維新の党代表)では、荷が重い」

 そんななか、永田町では「野党大逆転のシナリオ」を実現できそうな男に注目が集まっている。誰か。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   沖縄問題 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアでdot.をフォロー