「次の時代は来ない」 司馬遼太郎が感じた日本の緩み

2015/12/21 07:00

 数々の名作を残した歴史小説家・司馬遼太郎さんが1996年2月に亡くなってもうすぐ20年。週刊朝日ムック「没後20年 司馬遼太郎の言葉」が好評を博している。しかし、彼の言葉を追うと今の日本への憂いを感じる。ニュースに言及した作品を読み直し、その時々の思いを考えてみたい。

あわせて読みたい

  • 李登輝氏死去 生前司馬遼太郎に語っていた台湾と中国の未来

    李登輝氏死去 生前司馬遼太郎に語っていた台湾と中国の未来

    週刊朝日

    8/5

    作家・陳舜臣が歩んだ司馬遼太郎との街道

    作家・陳舜臣が歩んだ司馬遼太郎との街道

    週刊朝日

    1/29

  • 司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    AERA

    11/4

    没後20年の司馬遼太郎 編集者が明かす最晩年の鬱屈

    没後20年の司馬遼太郎 編集者が明かす最晩年の鬱屈

    週刊朝日

    12/21

  • 司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    週刊朝日

    2/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す