AERA dot.

本人が明かす「今さら舟木一夫もねえよな」よりもイタかったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

歌手、俳優舟木一夫(ふなき・かずお)1944年、愛知県生まれ。63年、デビュー曲「高校三年生」が大ヒット。以降「学園広場」「北国の街」「高原のお嬢さん」などの青春歌謡の代表的歌手としてヒットを飛ばし、橋幸夫、西郷輝彦とともに御三家と称される。66年、「絶唱」で日本レコード大賞歌唱賞。NHK紅白歌合戦に初出場以降連続9回出場。「舟木一夫特別公演」は12月23日まで東京・新橋演舞場で上演予定。第1部では新作舞台「―巷談・勝小吉―気ままにてござ候」、第2部は「シアターコンサート」(撮影/写真部・堀内慶太郎)

歌手、俳優
舟木一夫(ふなき・かずお)
1944年、愛知県生まれ。63年、デビュー曲「高校三年生」が大ヒット。以降「学園広場」「北国の街」「高原のお嬢さん」などの青春歌謡の代表的歌手としてヒットを飛ばし、橋幸夫、西郷輝彦とともに御三家と称される。66年、「絶唱」で日本レコード大賞歌唱賞。NHK紅白歌合戦に初出場以降連続9回出場。「舟木一夫特別公演」は12月23日まで東京・新橋演舞場で上演予定。第1部では新作舞台「―巷談・勝小吉―気ままにてござ候」、第2部は「シアターコンサート」(撮影/写真部・堀内慶太郎)

 大ヒット曲「高校三年生」でデビューしてから半世紀以上。70歳を過ぎてなお、ファンを熱狂させる魅力を持つ舟木一夫さんが、作家・林真理子さんとの対談で明かした、売れない時代に言われて最もきつかったこととは。

*  *  *
林:奥さまって、大学を出たばっかりの若い方でしたよね。

舟木:七つ違いかな。結婚したのは僕が29歳のときですね。

林:舟木さんが苦しかったときも、ずっとついてきてくださったんですよね。
舟木:そういう時期も、「すまないね」とか「頑張るからね」とか、そんな歯の浮くようなこと言えなかったですね。お互い嫌いで一緒になったわけじゃねえんだからしょうがないと。僕は30代半ばから40代前半がいわゆる“寒い時期”で、小さな商業施設の営業にも行きました。

林:「あの舟木一夫が? ウソ!」って感じだったんじゃないですか。

舟木:いや、敷地内の喫茶店でお茶を飲んでると、「今さら舟木一夫もねえよな。お客なんか来るのかい」なんて会話が聞こえてくるんですよ。

林:ひどい!

舟木:僕は「ああ、そうだろうな」と思うわけです。自覚してますから。でも、突き刺さるのはそういう会話じゃないんです。タクシーに乗って「どこそこにお願いします」って言うと、声でバレるんですね。「舟木さんですか」「はい」「私の青春時代、みんなで『学園広場』を歌ったもんです。いい時代でした」。お金を払おうとすると、「けっこうです。いい記念になりました」ってスーッと行っちゃう。罵声よりはそっちのほうがイタかったですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   林真理子 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加