先生にドヤ顔? 兄逮捕の小6男児「大麻吸った」の舞台裏 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

先生にドヤ顔? 兄逮捕の小6男児「大麻吸った」の舞台裏

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#麻薬
「教師が喫煙したという児童を指導していたところ、『大麻も吸っている』と話したという内容でびっくりした」(※イメージ)

「教師が喫煙したという児童を指導していたところ、『大麻も吸っている』と話したという内容でびっくりした」(※イメージ)

 京都市の小6男児(12)が、教師に「大麻を吸った」と話したという衝撃的な報道が注目を集めた。関係者の話を総合し、問題の経緯を追ってみた。

 10月中旬の深夜、同市内の警察署に小学校の教師が駆け込んできた。

「教師が喫煙したという児童を指導していたところ、『大麻も吸っている』と話したという内容でびっくりした」(捜査関係者)

 京都府警は学校側から話を聞き、信憑性があると判断した。学校関係者によれば、発覚の経緯はこうだ。

――喫煙の問題を持つ児童が2人いて、うち一人が大麻を吸ったと言いだした。教師はさすがに冗談だと思ったが、児童は「兄(高校1年生)の部屋に銀色の重そうな缶があって、中を見たら、大麻のようなものがあったので、それを削ってパイプに詰めて吸った」と具体的に説明。さらに、「先生は大麻を知らんでしょう」などと言い、ドヤ顔を見せたという――。

 捜査関係者はこう話す。

「児童は一見すると、ふつうの小学生。ちょっとやんちゃかなと思うくらい。ただ、たばこには抵抗感、罪悪感がないようだ」

 学校関係者の説明だと、児童は後悔している様子だ。

――児童はスマホなどで調べ、形状や香りから大麻だとわかった。「よくないものだ」と感じたが、抵抗感より好奇心が勝ったらしい。「4回くらいやった」「あまり気持ちよくなかった。こんな騒ぎになるなら、吸わなければよかった」などと話した――。

 京都府警は兄の部屋を捜索し、パイプや巻紙、アルミホイル、グラインダーと呼ばれる大麻を削る器具など16点を押収。11月11日、兄を大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 これに先立つ9月、府警は、同法違反容疑で、京都市東山区在住の自称ラッパー、末長直喜容疑者(25)や男子高校生4人を逮捕していた。末長容疑者は若者に大麻を売って稼いでいたといい、児童の兄との関係もあるとみて調べている。

(ジャーナリスト・今西憲之)

週刊朝日 2015年11月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい